【最安だが要注意】ボントレスローションの口コミ&成分評価!

ミノキシジルの3倍の効果と言われるキャピキシル配合の育毛剤。試してみたいけどどれを選んだらいいの?成分・価格・コスパをわかりやすく比較してほしい。 そんな悩みはここで解決!
MENU

キャピキシル5%で【最安】ボントレスローションの口コミ評価!

 

日本で販売されているキャピキシル育毛剤は本当に高いですよね。最近のものということ、それとミノキシジルの3倍の効果というふれこみなので、高額なのは仕方ないのかもしれません。。
キャピキシル育毛剤が他にもないものかと調べてみると、「ボントレス(Bontress)ローション」という育毛剤があるようですね。

 

キャピキシルが5%入っているのに、激安。60mlで5032円(為替で変動)ほどの値段です。
その安さが理由で人気が出ているのですね。

 

すごく興味があったので、調べてみました。
結論を先に書いちゃいますが、私としてはあまりオススメできないものとなりました。

 

 

ブランド名を変える?謎

【最安だが要注意】ボントレスローションの口コミ&成分評価!

 

ボントレスローションですが、キャピキシル5%を配合、インドの大きな製薬メーカー「Glenmark Pharma」が作るキャピキシル育毛剤です。
アメリカではブランド名を変えて販売されています。

 

!?

 

なぜブランド名を変えて販売する必要があるのでしょうか?調べてみましたが謎でした。。。
が、これは無視してさらに続けます。

 

 

口コミはまぁまぁ?

ボントレスローションが買えるのは、オオサカ堂など少数ですが、口コミは悪くはないが良くもないといった感じです。

 

「約130日した結果、抜け毛はある程度減る。産毛が多少濃くなった程度だった。」

 

「使用して約1年、効果がある」

 

「効果は未知数ですが、使用感は粘性があるのでサラサラな液状だったらよかった」

 

「残念なことに私の頭皮には合いませんでした。1週間の使用で頭皮に炎症が起こり痒みもでました。」

 

「3本目ですがまだ効果は実感できていません。」

 

「難点はべたつきです。夜に塗布するほうがいいと思います。」

 

やはり効果あるという方、効果なしの方、両方いますが、使用感が悪いという口コミが多く目立ちます。

 

 

キャピキシルのマークがない

【最安だが要注意】ボントレスローションの口コミ&成分評価!キャピキシルの原料メーカーである、カナダのLUCAS MEYER COSMETICS社(ルーカス マイヤーコスメティックス社)が認定しているキャピキシル3%以上の製品に付与されるという認定エンブレムですが、なぜかありません。

 

当サイトでキャピキシル育毛剤として比較しているものには全てに入っているのですが、キャピキシルが5.0%配合されています。


 

 

キャピキシル以外の成分が怖い

全成分

気になるキャピキシル以外の成分ですが、

 

Methyl Glyceth-20、Hydroxy Ethyl Cellulose、Glycerin、Propylene Glycol、Isopropyl Alcohol、Polyquaternium 7、Citric Acid、Imidazolidinyl Urea、Methyl Paraben、Propyl Paraben

 

となっています。

 

翻訳すると...

メチルグルセス-20、ヒドロキシエチルセルロース、グリセリン、プロピレングリコール、イソプロピルアルコール、ポリクオタニウム7、クエン酸、イミダゾリジニル尿素、メチルパラベン、プロピルパラベン

 

メチルグルセス-20…肌の成分が蒸発しないようガード・肌を柔らかく する
ヒドロキシエチルセルロース…粘度調整剤
グリセリン…保湿効果
プロピレングリコール…抗菌作用がある保湿剤
イソプロピルアルコール…消毒剤・防腐剤
ポリクオタニウム7…界面活性剤
クエン酸…血流改善、美肌効果
イミダゾリジニル尿素…保存料
メチルパラベン…防腐剤
プロピルパラベン…防腐剤

 

安いだけあって、日本のキャピキシル育毛剤のように、特に育毛に良さそうな成分は入っていないですね。クエン酸は良いでしょうね。
だいたいは不安な成分は入っていないのですが、ありました1つだけ。

 

イミダゾリジニル尿素:

保存料としてよく使用され、これらの化学物質は接触皮膚炎の主な原因となると指摘されています。有毒となるホルムアルデヒドを発散します。

10種類の避けるべき有毒化粧品成分より引用

 

 

これはなんかヤバイですね。。。

 

イミダゾリジニル尿素はアレルギーを起こしやすい防腐剤とされています。

 

ある研究によると、アレルギー試験を行ったところ、アレルギーの反応が増加していたとのこと。
ただその研究者によると、アレルギーの症状は命に関わるようなものではなく、ウルシでかぶれるのと同じ程度だということなのですが、、、

 

大事な大事な頭皮でこんなかぶれが発生してはたまったもんじゃありませんし、頭でホルムアルデヒドが発生していては育毛どころじゃありません(;゙゚'ω゚')

 

ということで、ボントレスローションは安いというのは最高なのですが、それ以外はおすすめできません。

 

日本製のキャピキシル育毛剤はこんなに添加物が入っていることもなく、逆に育毛に有用な成分がプラスされています。やはり安心感が違いますね。

 

私のキャピキシル育毛剤の比較とランキングはこちらにありますので、参考にしてください。

 

 

キャピキシル育毛剤おすすめランキング

キャピキシル育毛剤はどれがおすすめ?
キャピキシル配合の人気製品を徹底比較!

【最安だが要注意】ボントレスローションの口コミ&成分評価!
>>キャピキシル育毛剤ランキングはこちら<<

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

キャピキシル育毛剤

1対1ガチ比較

キャピキシル製品レビュー

お得情報

ハゲ克服

コラム

このページの先頭へ
取引の倍率を決めよう