成長因子(グロースファクター)の育毛効果と副作用・デメリット

ミノキシジルの3倍の効果と言われるキャピキシル配合の育毛剤。試してみたいけどどれを選んだらいいの?成分・価格・コスパをわかりやすく比較してほしい。 そんな悩みはここで解決!
MENU

成長因子(グロースファクター)の育毛効果と副作用・デメリット

成長因子とは、元々、体内に存在するタンパク質の一種で、グロースファクター(Growth Factors)、細胞増殖因子とも呼ばれます。

 

人の組織のあらゆる場所に存在していて、体から作りだされるものですが、その量は年齢とともに減少します。

 

KGF(ケラチン細胞増殖因子)、IGF(インスリン様成長因子)、EGF(上表皮成長因子)、VEGF(血管内皮細胞増殖因子)、FGF(線維芽細胞成長因子)、など様々な種類があります。

 

 

成長因子の育毛効果は?

成長因子(グロースファクター)の育毛効果と副作用・デメリット

 

成長因子は、細胞増殖をコントロールする働きを持ち、「成長の要因」となる物質です。現在の研究で、細胞に信号を送り、新陳代謝を促進させる物質として働いているということが分かっています。

 

細胞分裂に関わるのはもちろん、細胞を活性化させて皮膚を若返らせたり、肌の老化のスピードを遅くしたりする効果が期待でき、事故や病気によって失われた身体の細胞、組織、器官の再生や機能の回復を目的とした再生医療でも盛んに用いられています。

 

「育毛」ということに特化すると、成長因子は、毛母細胞成長因子のことで、毛根付近(毛乳頭)で作られています。
毛乳頭は「発毛」の司令塔と言われており、分裂して直接毛髪になっていく「毛母細胞」を活性化する働きがあります。

 

成長因子(グロースファクター)の育毛効果と副作用・デメリット

 

 

成長因子の副作用は?

成長因子は、タンパク質。もともと人間の体内にある成分で、不足した成長因子を直接補うというものなので、副作用の心配はありません。

 

 

成長因子配合育毛剤

今までの育毛剤では、ミノキシジルに代表される血行促進を目的とした育毛剤が主流でしたが、最新の育毛剤ではこの成長因子(グロースファクター)を生成する効果の期待できる物質を含んだり、直接グロースファクターが配合されている育毛剤があります。

 

THE SCALP 5.0ボストンスカルプエッセンスdeeper3Dなど

 

 

関連記事

キャピキシル育毛剤完全比較!成分価格で徹底評価

キャピキシル育毛剤おすすめランキング!

 

 

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

キャピキシル育毛剤

1対1ガチ比較

キャピキシル製品レビュー

お得情報

ハゲ克服

コラム

このページの先頭へ
取引の倍率を決めよう