キャピキシル育毛剤 効果 使い方 タイミング

ミノキシジルの3倍の効果と言われるキャピキシル配合の育毛剤。試してみたいけどどれを選んだらいいの?成分・価格・コスパをわかりやすく比較してほしい。 そんな悩みはここで解決!
MENU

キャピキシル育毛剤の効果をUPさせる使い方とタイミング!

【必読】キャピキシル育毛剤の効果をUPさせる使い方とタイミング!

 

キャピキシル育毛剤をせっかく使うのであれば、少しでも効果的な使い方をしたいと思いますよね。
ここでは、どうやって使えばより効果的に使うことができるのか書きたいと思います。ぜひ参考にしてみてください。

 

 

タイミングは?いつ育毛剤を使えばいい?

特に初めて育毛剤を使うという人は、いつ育毛剤を使えばいいのかわからないとい人も多いんじゃないでしょうか。

 

なんとなくお風呂前に使ってしまうと洗い流してしまうので使っちゃダメということはわかると思いますが、より効果的に育毛剤を利用するために特におすすめなのは、血行が良くなっているお風呂上りのタイミングです。

 

シャンプーで毛穴の汚れなども綺麗に取り除かれているので、成分が毛根に吸収されやすいというのも魅力的です。

 

さらに、睡眠中には成長ホルモンも分泌されるので、その間に新しい髪の毛が作られます。入眠後1時間〜2時間が特に多く分泌される時間帯なので、入浴後に育毛剤を使うことでこの時間に成分を届けることができます。

 

また、細胞が成長するゴールデンタイムが22時〜2時というのもありますが、最近では入眠してからの時間に応じて成長ホルモンが分泌されるというのも有力な説となっているので、どちらも良いとこ取りができるには22時前に寝る、そしてその数時間前に頭を洗うというのが最高です。

 

また、寝る前だけでなく、朝にも使って、1日2回育毛剤を付けるようにするのが一番おすすめです。
ちなみに朝シャンは昔流行りましたが薄毛に悩む方は絶対にしてはいけないヤツです。注意しましょう。

 

 

毛穴に成分が浸透するようにマッサージ

頭皮から育毛剤を浸透させると考えている人が少なくありません。

 

頭皮は皮脂や角質などによってバリア構造が作られていて、育毛剤の成分を浸透させるのは非常に難しいです。

 

ですので、育毛剤の成分は毛穴から吸収させるようにします。
そのため、頭皮マッサージでは毛穴に成分を押し込むようにしましょう。
ただし、摩擦が抜け毛の原因となることもあるので、力は抜いて優しく行うようにしましょう。

 

頭を下げる必要もなく、普通に行って問題ありません。
ただし、育毛剤を使った後にドライヤーを使わないように気を付けましょう。
ドライヤーによって成分が蒸発してしまうと元も子もないです。しっかり髪の毛を乾かしてから育毛剤を使いましょう。

 

 

3か月は使って様子を見る

中には1、2週間程度つかっただけで効果がないと決めつけて使うのをやめてしまう人もいるようですが、最低でも3か月は使ってみないと効果があるかどうかわからないです。

 

しかし、育毛剤の中には1か月で効果が実感できなかったら返金するという育毛剤もありますよね。

 

フィンジアTHE SCALP 5.0Cボストンもそうです。そういう育毛剤であれば1か月で効果が出るのでは?と思うかもしれませんが、残念ながらそういうわけではありません。

 

1か月で髪の毛が1cmのびるというのは有名な話ですが、それはすでに生えている髪の毛が成長期にのびる速度であって、新たな髪の毛が生えてくるのとは話が違います。

 

新たに髪の毛が生えてくるにはまず、毛母細胞によって髪の毛の元が作られる必要があります。
それがさらに頭皮に出てくる長さにまで育つ必要があって、当然、これを1か月で行うことは不可能です。

 

では1か月の返金を謳っている商品はすべて返金しているのかというとそういうわけではありません。
髪の毛に栄養を与えることで、抜け毛の減少や髪の毛のハリをアップさせることで、使用者に効果を実感させているんです。

 

もちろん、抜け毛が減るのも増毛の一部なのですが、髪の毛が増えていかなければ大して見た目には変化はないので、1か月でその育毛剤が効果的かどうかを判断するのはおすすめできません。

 

毛母細胞によって作られた髪の毛が見えるまでは最低3か月、長いと6か月はかかるので、その期間は使い続けてみて、効果があるのか判断するようにしましょう。

 

もしかしたら、効果を発揮してくれる育毛剤かもしれないのに、1か月程度で使うのをやめてしまうのは避けたいですよね。
育毛剤を使うのをやめてしまえば、その1か月分の効果もリセットされてしまう可能性もあり、1か月で転々と育毛剤を変えていても使っている成分に劇的な差はないので(キャピキシル育毛剤比較はこちら)。

 

逆に、1か月やもっと短い期間でやめた方がいい育毛剤もあります。

 

それが、頭皮に悪影響のある育毛剤です。
例えば、痒みが出てしまった育毛剤や、フケが出てくるようになってしまった育毛剤などです。

 

これは、ミノキシジル育毛剤に多い副作用の1つですが、こういう育毛剤は頭皮環境を悪化させてしまう可能性があるので、上記のような症状が見られた場合はすぐに使用するのをやめるのがおすすめです。

 

 

副作用には気を付けよう

人によって成分に対する反応は違います。
他に人にとってはなんてことのない成分でも、自分の頭皮にとっては副作用が出るということもあり得ます。

 

育毛剤でよくあるトラブルは炎症や湿疹、かゆみなどです。
これらの症状が出た時はできるだけ早く使用するのをやめた方がいいでしょう。
程度が酷い場合は病院にいってきちんと見てもらう必要があるかもしれません。

 

特に医薬品レベルのミノキシジルは効果も高い分、副作用の心配も大きいです。私も副作用が出ました。

 

ここでは、副作用が報告されている育毛剤はおすすめしていないのでご安心を。

 

キャピキシル育毛剤おすすめ比較では、成分や価格で徹底評価していますのでよければご覧ください。

 

 

関連記事

キャピキシル育毛剤完全比較!成分価格で徹底評価

キャピキシル育毛剤おすすめランキング!

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

キャピキシル育毛剤

1対1ガチ比較

キャピキシル製品レビュー

お得情報

ハゲ克服

コラム

このページの先頭へ
取引の倍率を決めよう