キャピキシルの副作用や危険性はある?

キャピキシルを構成するのは2つの成分で、「アカツメクサ花エキス」と「アセチルテトラペプチド3」ですが、このキャピキシルの副作用や危険性についてです。 ミノキシジルの3倍の効果と言われるキャピキシル配合の育毛剤。試してみたいけどどれを選んだらいいの?成分・価格・コスパをわかりやすく比較してほしい。そんな悩みはここで解決!
MENU

キャピキシル育毛剤の副作用や危険性はある?

キャピキシルを構成するのは2つの成分で、「アカツメクサ花エキス」と「アセチルテトラペプチド3」ですが、このキャピキシルの副作用や危険性についてです。

 

分類区分から副作用はない

キャピキシル育毛剤というのは分類区分では「化粧品」となります。

 

効果の度合いでいくと、

 

医薬品 > 医薬部外品 > 化粧品

 

となっています。

 

化粧品はコスメやシャンプーと同じ分類になります。
左になるほど効果は高いけど副作用リスクがあって、右に行くほど効果はゆるやかとされています。

 

ここで、

 

え!?
化粧品なんて効果ないんじゃない?

 

と思われるかもしれませんが、
これは国に認められているかどうかの話ですので、実際の効果とは必ずしもイコールではありません。

 

参考:
キャピキシル育毛剤は効果なし?医薬品、医薬部外品、化粧品の違い

 

一般的に言えることは、副作用は基本的にはないということで、安全性はかなり高いということです。

 

ただし、思わぬ方向に出てしまうものを含めて考えると副作用は0とは言えないと思います。可能性のあるものについては次のものが挙げられます。

 

 

初期脱毛

初期脱毛というのは医薬品のミノキシジルやプロペシアなどで起こり得るもので、ヘアサイクルを正しくリセットするために初期に脱毛してしまうという現象です。

 

正しいヘアサイクルを持っていない毛は、生えてきてもすぐに抜け落ちてしまいます。こういった毛を抜いておいて、寿命の長い毛を新しく準備する。それが初期脱毛です。

 

キャピキシル育毛剤には、このヘアサイクルを正しくする目的の成分も入っているので、今までよりさらに抜けるといった初期脱毛が起こるという可能性も0ではないと考えられます。

 

 

かゆみ・かぶれ

化粧品だろうが優しいシャンプーだろうが、合わない人には合わないもので、キャピキシルをつけたことによる頭皮のかゆみ、かぶれ、湿疹なども「0」ではないということです。

 

ただ、このようなことが限りなく少ないような製品になっています。

 

 

天然成分=副作用なしは間違い

よく情報サイトなどで、「これは天然成分だから副作用はないです」などという記載がありますがこれは全くの間違いです。

 

自然界にも毒は多く存在しています。

 

例えば、ドクツルタケ、トリカブト、身近なところではジャガイモの芽だって毒ですよね。

 

 

まとめ

一言でまとめると、キャピキシルの副作用はなし

 

ということですが、皆無ではないだろう!ということであえて可能性を探ってみました。
お役に立てれば幸いです。

 

 

関連記事

キャピキシル育毛剤完全比較!成分価格で徹底評価

キャピキシル育毛剤おすすめランキング!

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

キャピキシル育毛剤

1対1ガチ比較

キャピキシル製品レビュー

お得情報

ハゲ克服

コラム

このページの先頭へ
取引の倍率を決めよう