キャピキシル 効果 脱毛症の種類

ミノキシジルの3倍の効果と言われるキャピキシル配合の育毛剤。試してみたいけどどれを選んだらいいの?成分・価格・コスパをわかりやすく比較してほしい。 そんな悩みはここで解決!
MENU

キャピキシルが効果を発揮できる脱毛症の種類ってどれ?

 

キャピキシルは人気の育毛剤ですが、脱毛の種類によっては効果がない可能性もあります。
キャピキシルがどのような脱毛症に効果があるのかについてまとめる前に、まずどんな脱毛症があるのか書きたいと思います。

 

脱毛症の色々。どんな種類がある?

男性の代表的な脱毛症:AGA(男性型脱毛症)

AGAは脱毛症に悩んでいる多くの男性にみられるもので、薄毛に悩む方がAGAである割合は90%以上と言われています。

 

若年性脱毛症は10代〜30代などの若い人にこのAGAの症状が出ることで、壮年性脱毛症は30代〜50代などの人に症状がでることとされています。

 

ただ 上の記述のように年代には幅があるので何歳から何歳までがこうといった決まりのようなものはありません。

 

AGAの特徴としては、遺伝が原因の1つとなることが挙げられます。
脱毛因子を生成する男性ホルモン(DHT)が、5αリダクターゼによって作られてしまうんです。

 

どうして発症してしまうのかはまだ完全には分かっていない状態です。

 

 

自然治癒が可能:円形脱毛症

育毛剤などを用いなくても、自然治癒で直すことができるのが円形脱毛症です。
原因となるのはアレルギーや自己免疫疾患、ストレスなどだと考えられています。特に自己免疫疾患によって頭部の一部に自分で攻撃してしまうことで円形脱毛症が引き起こされるというのが最も信ぴょう性が高いです。

 

治療法としては育毛剤の利用よりは生活習慣を正す、ストレス環境を改善するなど自然治癒を待つ方が有効です。
もしなかなか治らなかったり、薄毛の範囲が大きかったりするのであれば、医師などに診てもらった方が良いでしょう。

 

 

女性の代表的な脱毛症:女性男性型脱毛症(FAGA)

頭頂部など部分的に髪の毛が薄くなるのではなく、全体的に頭髪が薄くなるのがびまん性脱毛症です。
ホルモンバランスがストレスや閉経などによって崩れてしまうことが原因で女性に現れます。

 

女性男性型脱毛症(FAGA)と言われています。

 

基本的に女性では女性ホルモンが男性ホルモンより優位なのですが、ホルモンバランスが乱れることによって男性ホルモンの方が優位になってしまいます。
そうなってしまうと、AGAと同じように薄毛になってしまいます。

 

びまん性脱毛症と言われる場合もありますが、びまん性とは「広がりはびこること」の意味がありますので、女性男性型脱毛症(FAGA)とを同じ脱毛症とする場合もあります。

 

この種の脱毛症には基本的にはAGAと同じように育毛剤などで対策するのが良いと言われています。

 

 

出産後特有の脱毛症:分娩後脱毛症

出産した後に脱毛が起きてしまうのが分娩後脱毛症です。

 

産後抜け毛」という言葉でも表されます。

 

かなり多くの人が分娩後脱毛症の経験があり、中にはなかなか脱毛が止まらない人もいるようです。

 

しかし、普通は半年〜1年程度で脱毛は止まり、髪の量も元に戻るのでそこまで悩む必要はないかもしれません。

 

どうして分娩後脱毛症が起きてしまうかというと、妊娠中は黄体ホルモンであるプロゲステロンによって女性ホルモン優位になっていたのに、それが出産によって一気に減ってしまい、男性ホルモン優位になってしまうからです。

 

もし程度が酷かったり、治るまで時間がかかっていたりするのであれば何かしら対策をする必要があるかもしれません。
育毛剤で対策することもできますが、その場合は女性ホルモンのバランスを正すことのできる育毛剤を利用すると良いです。

 

女性ホルモンのように働くことのできるイソフラボンのビオカニンAという成分がキャピキシルには配合されているので、分娩後脱毛症の治療に使うことはできます。

 

私おすすめのフィンジアにはイソフラボンが含まれるヒオウギエキスが入っていますし、ほかの育毛剤にもイソフラボンはいろんなものに含まれているので、探してみることをおすすめします。

 

 

フケや菌が原因:脂漏性脱毛症・批糠性脱毛症

脂漏性脱毛症と批糠性脱毛症はどちらもフケや菌、シャンプーが原因となる脱毛症です。

 

シャンプーの中には刺激が強すぎたり、皮脂を落としすぎたりするシャンプーがあります。
そうしたシャンプーを使っていると、頭皮を皮脂で守ることができなくなってしまい、それを解決しようと皮脂をさらに分泌して、どんどん皮脂が増えて頭皮環境が悪化してしまいます。

 

皮脂が多い頭皮では菌の繁殖による炎症など様々なトラブルが起きてしまいます。
それらが脱毛を引き起こしてしまう原因になります。

 

このような症状の場合には、まずはミノキシジルやアルコールなどの強い成分を使うのではなく、頭皮環境を良くする育毛剤が良いので、消炎効果のあるグリチルリチン酸ジカリウムが入った育毛剤や、副作用のほとんどないキャピキシル育毛剤は向いていると思います。

 

また、シャンプーでは頭皮に優しく、皮脂を落としすぎないアミノ酸系シャンプーがおすすめです。
また、これらの脱毛症は必ずしもシャンプーだけが原因なのではなく、ホルモンバランスの乱れなどが関係している場合があるので注意が必要です。

 

 

髪型などが原因:牽引性脱毛症

エクステやポニーテールなど髪の毛を引っ張ってしまう髪型にすることが多いと、毛根に負担をかけてしまいます。
その結果髪の毛が抜けてしまい脱毛症となってしまったのが、牽引性脱毛症です。

 

他にも分け目をいつも同じにしていても牽引性脱毛症になってしまうので、できるだけ髪型は返るようにしたり、髪の毛を引っ張るような髪型はあまり長い間続けないようにしたりするのが良いと思います。

 

男性よりも女性の方が髪の毛が長いこともあり、牽引性脱毛症になりやすいので、注意しておきましょう。

 

 

どの脱毛症にキャピキシルが効果的なの?

実際にはどの脱毛症にキャピキシルが効果的なんでしょうか。
特にAGAなどの原因となる5αリダクターゼを抑制するというのがキャピキシルの主な効果なので、AGA以外にはびまん性脱毛症の場合はキャピキシルをつかってケアするのが良いでしょう。

 

しかし、5αリダクターゼが原因ではない円形脱毛症や牽引性脱毛症やなどはキャピキシルで治療するのは難しいかもしれません。脂漏性脱毛症、批糠性脱毛症は、まず医薬品や医師の診断で頭皮環境を改善させながら適切な育毛剤を使っていきたいですね。

 

まずは自分の脱毛がどの種類の脱毛なのか見分けることから始めましょう。

 

そして5αリダクターゼが原因ではない脱毛症に悩んでいる場合はキャピキシルを使ってもお金の無駄になってしまうので、他の治療法を探したり、医師に相談したりしてきちんと症状にあったケアを行うように心がけましょう。

 

 

関連記事

キャピキシル育毛剤完全比較!成分価格で徹底評価

キャピキシル育毛剤おすすめランキング!

 

 

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

キャピキシル育毛剤

1対1ガチ比較

キャピキシル製品レビュー

お得情報

ハゲ克服

コラム

このページの先頭へ
取引の倍率を決めよう